介護保険制度とは

平成12年4月からスタートした介護保険は お住まいの市区町村(保険者といいます)が制度を運営しています。

 

40歳になると、被保険者として介護保険に加入しますが、 65歳以上の方は、保険者が実施する要介護認定において介護が必要と認定された場合、いつでもサービスを受けることができます。

 

また、40歳から64歳までの人は、介護保険の対象となる特定疾病により介護が必要と認定された場合は、介護サービスを受けることができます。

どんな介護サービスがあるの?

大きく分けると次のようなサービスがうけられます

 

 ■居宅介護支援

  介護サービスの利用にかかる相談やケアプランの作成

 

 ■通所介護

  施設などに出かけて日帰りで行うデイサービス

 

 ■訪問介護

  自宅で受けられる家事援助等のサービス 

 

 ■訪問看護

  通院が困難な場合、自宅等で受けられる看護サービス

 

 ■福祉用具貸与・販売

  福祉用具の利用に関わるサービス

介護保険サービスの対象者

介護保険制度の対象者

 40歳以上の人は、介護保険の被保険者となります。

  ①65歳以上の人(第1号被保険者)

  ②40~64歳までの医療保険に加入している人(第2号被保険者)

 

介護保険のサービスを利用できる方

  ①65歳以上の方(第1号被保険者)

  寝たきりや認知症などにより、介護を必要とする状態(要介護状態)の方

  家事や身じたく等、日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)の方

  ②40歳~64歳までの方(第2号被保険者)

  初老期の認知症、脳血管疾患など老化が原因とされる病気(特定疾病)によ    り、要介護状態や要支援状態になった場合。